仕事などでExcel関数を使用する際、絶対に避けては通れない事項の1つにセル参照があげられます。

セル参照には相対参照と絶対参照がありますが、簡単な説明をしますので是非覚えておいてください。

 

例えば、C3セルにA1セルの値を表示するという式を入れます。

入力する式は「=A1」です。

表示される値は、A1セルもC3セルも同じになります。

 

式を入力したC3セルをD4セルにコピーしてみましょう。

D4セルに入っている式は「=B2」となります。

C3セルから見たA1セルの位置は、2行上の2列左となります。

D4セルから見たB2セルの位置も、2行上の2列左となります。

このように、式の入ったセルからの相対的な位置関係にあるセルの値が参照されます。

これを相対参照と言います。

 

それでは、コピー元のC3セルも、コピー先のD4セルも、同じようにA1セルを参照するように式を入れます。

C3セルに入力する式は「=$A$1」です。

C3セルをコピーしたD4セルも「=$A$1」という式になります。

このように、$を入れることによって、A1セルという絶対的な位置を参照させることができるようになります。

 

この場合、A1の「A」の左と「1」の左に$を入れることにより、行と列の両方を絶対参照させています。

行と列のどちらか一方を絶対参照させる場合は、$を片方にだけ入れます。

行が絶対参照、列が相対参照なら「=A$1」、その逆なら「=$A1」です。

 

上記の説明とは参照セル、数式の入力セル、コピー先セルは異なるが、まとめると次の表のようになります。

 

セル参照